イメージ画像

正しい知識でお掃除。
アレルギー症状と戦うために。

ノミ

ノミは約1.3 、長さが3.2ミリメートル( 0.05〜0.125インチ)程度の小さな虫です。彼らは、彼らの寄生先にジャンプしたり補食されるのをを回避するために7インチの高さまでジャンプでき、13インチの距離を飛びます。強力な後ろ足の力です。この距離はノミの体長の160倍以上の長さです。人間に例えると30階建てのビルの上にジャンプし、 サッカー場2つ分を飛び越している事になります。

寄生虫のように、大人のノミは彼らの宿主(人や動物)の血液で生きています。彼らの対象は、ネズミ、ネコ、イヌ、ヒト、さらに鶏やオウムなどの家畜化された鳥を含む様々な脊椎動物です。ノミは隠れるために毛が密集した動物を好みます。ノミは薄く、滑りやすい外皮を持っていて、動物の髪の中での生活に適しています。

ノミは過去に「潰されて死ぬ」という状況に適応するために進化し、圧力に非常に抵抗性がある構造になっています。ペットのほとんどは自身でノミを殺す事ができないでしょう。

ノミのライフサイクル

ノミのライフサイクルを理解することは、その除去プランを作成する上で重要です。実際に目に見えるノミは全体のごく一部で、大人のノミだけです。ノミの50%が卵を占め、 35パーセントは幼虫期、 10パーセントは蛹(さなぎ)であり、目に見える成長したノミはわずか5 %。このように、殺虫剤はノミのライフサイクルの初期段階で対処されていない限り、成長したノミを殺すのに有効であっても、ノミの問題が解決されるわけでは無いのです。

ライフサイクルのコントロール

ノミのライフサイクルを制御するための最も簡単な方法の一つは、湿度を減少させることです。ノミの卵は、 湿度が高い場所を好み、生き残るために湿った環境が必要です。ノミが夏に増える原因の一つがこの湿度との関係です。冬の間、屋外の湿度が低下し、屋内も暖房を使用することで非常に乾燥した環境を維持します。ノミの卵が生き残るのに困難な環境になります。

ペットの寝床周辺にエアコンや除湿機を付けているだけでもノミを減らすことができるのです。

掃除機による吸引

頻繁な掃除機がけも同様に役立ちます。クリーナーはほとんどのノミの卵や幼虫を効果的にカーペットから除去します。しかし、彼らは死んでいません。ゴミバッグ密閉して廃棄する必要があります。

乾燥作戦

掃除の前に乾燥剤を使用すると、卵や幼虫を排除する確率を向上させることができます。最も簡単な手段は食卓塩です。塩でカーペットを振りかけ、その後数日間のままにしておきます。塩は、それらを脱水することにより、多くの初期段階のノミを殺すのです。ホウ砂、珪藻土は、さらに効果が高いでしょう。どちらも、乾燥剤として機能し、ノミの卵や幼虫のかなりの大部分を殺すことができます。しかし、ペットや幼児がいる場合、ホウ酸やシリカゲルは安全とは言えません。

杉チップ

杉チップおよびおがくずから抽出されるシダーオイルは、ノミを制御するために有効な、毒性の無い手段です。シダーオイルは大人のノミを殺すことはありませんが、それは香りは彼らに非常に刺激性が強く、その香りがあると産卵しなくなります。シダーオイルスプレーでカーペットやペットのベッドを噴霧し、ペットの杉の油シャンプーで十分に入浴を与えることは、ノミを退治するために自然で香りも良い方法です。

ノミ

カビ胞子

カビ胞子は、カビを再生/繁殖するために微細な胞子を使用しています。

カビ胞子のサイズ

有性生殖の構成要素である花粉とは異なり、カビ胞子は、すぐに表面に付着して成長し始めます。カビの胞子は、微小で3ミクロン程度であり、花粉よりもさらに小さなサイズです。良く覚えておきましょう。サイズはハウスクリーニングのポイントです。

呼吸器の粘膜をすりぬける

人の呼吸器官は粘膜によるホコリやばい菌をキャッチして肺への侵入を阻止します。しかし、3ミクロンという超極小サイズは、より長い間、空中を浮遊し続け維持する傾向があります。それは肺にカビが到達しやすい状態を作り人間の免疫システムをすり抜ける可能性があります。

カビの種類は何千もあります。アスペルギルスだけでも160種以上が属しています。これら160種はヒトの病気を引き起こすことで知られています。この属から発生する可能性が高い病気は、気管支肺アスペルギルス症( ABPA )、 咳などの症状を伴うアレルギー反応です。

アスペルギルス症

アスペルギルス症は通常、免疫不全を持つ人には深刻な菌です。菌は肺を攻撃し体全体に広がり重度の感染症や死を引き起こします。

アスペルギルスフミは、ヒトへの感染を引き起こす最も一般的なカビです。

アスペルギルスフラバス

スペルギルスフラバス種は、個体数がやや少ないものの、はるかに毒性が強いです。培養液中で増殖させた場合には、黄緑色を表示し、一般的にピーナッツ、とうもろこし、水浸しのカーペットに付着しています。胞子は分解や消化に非常に抵抗力があるマイコトキシンを生成します。A.フラバスによって生成されるマイコトキシンは最も発ガン性の高い物質の一つです。

胞子は吸収してしまうと排除することは事実上不可能です。患部を完全に除去しなければならなくなります。最善の策は、発生を避けるために清潔で乾燥した家を保つことが重要です。微粒子フィルタを備えた空気清浄機は、空気中の胞子数を減少させるのに効果があります。

ゴキブリ

ゴキブリは約4000種あります。人間の住まいで発見されているのはごくわずかで、大部分は熱帯地域に住んでいて、人間とほとんど関係がありません。人と関係のある害虫種のうち、最もよく知られているのは、チャバネゴキブリ(チャバネゴキブリ) 、アジアゴキブリ(チャバネゴキブリ)と東洋ゴキブリ(ゴキブリオリエンタリス)、アメリカのゴキブリ(ワモンゴキブリ)です。このうち最大のものは約1.2インチ(成虫)のワモンゴキブリです。アジアとドイツのゴキブリには約0.6インチで最小です。

不死?タフなゴキブリ

ゴキブリは適応する生物です。彼らは壁を歩くことができるだけでなく、天井を横断することができます。自分の体を縮める事すらできます。

ゴキブリは驚くほど丈夫です。完全に雑食性であるため、ただの有機物でも、パンくずや死んだハエなど、何でも食べてで生き残ることができます。そして、ゴキブリはまったく食なくても3週間以上を乗り切ることができます。

実験では、ゴキブリを30分間水中につけても生き残ることがあります。

殺虫剤に適応してしまう

日本では有名なチャバネゴキブリは殺虫剤に対して特に耐性があることが知られています。この種は農薬の有効性を減らすために、特別に変異した耐性が有ります。例えば、 DDT - 強力な殺虫剤は - かつてチャバネゴキブリに対して非常に有効でありました。しかし1969によって、 DDT抵抗が報告され、すぐに一般的になりました。その他もチャバネゴキブリが耐性を付けて無駄に終わりました。

ゴキブリホイホイは1990年代を通じて効果的でした。最近、いくつかのゴキブリ種はゴキブリホイホイを回避するまでに進化しています。化学的アプローチはチャバネゴキブリに対して永続的な効果を持たない事を表しています。

ゴキブリ防衛

最初の防衛は、家に侵入することを避けることです。引越してきた場合は、ゴキブリがあなたの荷物に隠れている可能性があることに注意してください。妊娠中のメスゴキブリは 6ヶ月以内に増殖します。

兵糧攻め

他の予防策は、ゴキブリの潜在的な食料や水の供給源を制限することがあります。ゴキブリは食物なしで長期間生存することができますことは事実です生存確率は低下します。徹底的に食後の食べかすを拭き取ります。

ゴキブリは暗く、閉鎖した空間が大好きで、食器棚などに集まります。必ず食器棚の棚は完全にクリーンであることを確認し、しっかりと密封しましょう。

ゴミ箱も空腹ゴキブリ用の餌場です。ゴミは密封容器にいれてください。

ゴキブリも水源にも集まります。ゴキブリ問題があると思われる場合は、可能な限りシンクや浴槽を清潔に維持することをお勧めします。

根絶は不可能

残念な事にゴキブリは排除するのが最も難しい害虫です。

完全に根絶したいなら害虫駆除業者を呼び出さなければならないでしょう。その場合でも、それは有効な駆除剤を見つけるのに苦労します。一定時間いなくなったと思っても数週間以内にゴキブリが戻ってきます。

マンションやアパートに住んでいる場合は解決が難しいですね。ゴキブリは、隣に移動できますから、あなたが個人的に行ったすべての努力は無駄になります。

唯一、清潔で乾燥した状態にあなたの家を保つことが屋内害虫に対するあなたのファーストステップです。

    このページの先頭へ