イメージ画像

正しい知識でお掃除。
アレルギー症状と戦うために。

ホコリはなぜできる?

私たちが毎日ホコリと一緒に暮らしているのに、ホコリの発生源をあまりよく知りません。ホコリの発生源は多数あり、それぞれの割合は、 地理的位置やライフスタイルに依存しています。

例えば雨があまり降らず土の未舗装道路が多い場所では砂利道がホコリの発生源です。砂利は乾燥時には非常に埃っぽくなり、車や人が乾いた砂利を走行すると、空気中に浮遊し窓やドアを通って入ってきます。

花粉

ホコリの一般的な構成要素に花粉もあります。木、低木、花はすべて、花粉を生産します。花粉は花のめしべの部分におしべのDNAを運ぶために飛散しやすい構造です。

様々な花粉の種類

花粉は約15〜100ミクロン(1ミリ=1000ミクロン)で、ほとんどは非常に小さい粒子です。だから、花粉粉末小さじ1杯には通常、数百万の粒子が含まれています。個々の粒子は肉眼ではほとんど見ることができません。大量の空気中にあるときには、日光、黄色がかった固まりとして視認されることがあります。

あなたが家の専門家によるクリーニングを依頼したいと考えている場合は、依頼会社のクリーニング手法の詳細を確認しましょう。

アンブロシア

最も活発に花粉を発生する植物のひとつにブタクサ科植物があります。この花粉は「神々の栄養」を意味アンブロシアと呼ばれ、その花粉がアレルゲン物質として様々な症状を引き起こします。

成長した植物は、花粉を億単位で生成することができます。ブタクサ科植物周辺のエリアには、季節の過程で大気中に粒子が数兆を超える事も珍しくありませんブタクサ科植物は花粉を広めるためにむしろ昆虫ではなく、風を使います。

花粉症

花粉症アレルギー患者で検出された花粉は複雑なタンパク質形状のように見合えます。免疫システムは、これを悪質な微生物として捉えてしまいます。そして、「悪い微生物」として認識された花粉を駆除しようとするのです。これがアレルギー症状の原因です。アレルギー症状には、鼻水、鼻づまり、難聴、疲労や睡眠不足などの症状を伴う免疫反応を誘発します。症状は一般的に花粉症として知られています。

適切に家をクリーンに保つには、家庭内の空気中に花粉が入る可能性を減らすことも重要です。

カビ胞子

カビ胞子は、カビを再生/繁殖するために微細な胞子を使用しています。

カビ胞子のサイズ

有性生殖の構成要素である花粉とは異なり、カビ胞子は、すぐに表面に付着して成長し始めます。カビの胞子は、微小で3ミクロン程度であり、花粉よりもさらに小さなサイズです。良く覚えておきましょう。サイズはハウスクリーニングのポイントです。

呼吸器の粘膜をすりぬける

人の呼吸器官は粘膜によるホコリやばい菌をキャッチして肺への侵入を阻止します。しかし、3ミクロンという超極小サイズは、より長い間、空中を浮遊し続け維持する傾向があります。それは肺にカビが到達しやすい状態を作り人間の免疫システムをすり抜ける可能性があります。

カビの種類は何千もあります。アスペルギルスだけでも160種以上が属しています。これら160種はヒトの病気を引き起こすことで知られています。この属から発生する可能性が高い病気は、気管支肺アスペルギルス症( ABPA )、 咳などの症状を伴うアレルギー反応です。

アスペルギルス症

アスペルギルス症は通常、免疫不全を持つ人には深刻な菌です。菌は肺を攻撃し体全体に広がり重度の感染症や死を引き起こします。

アスペルギルスフミは、ヒトへの感染を引き起こす最も一般的なカビです。

アスペルギルスフラバス

スペルギルスフラバス種は、個体数がやや少ないものの、はるかに毒性が強いです。培養液中で増殖させた場合には、黄緑色を表示し、一般的にピーナッツ、とうもろこし、水浸しのカーペットに付着しています。胞子は分解や消化に非常に抵抗力があるマイコトキシンを生成します。A.フラバスによって生成されるマイコトキシンは最も発ガン性の高い物質の一つです。

胞子は吸収してしまうと排除することは事実上不可能です。患部を完全に除去しなければならなくなります。最善の策は、発生を避けるために清潔で乾燥した家を保つことが重要です。微粒子フィルタを備えた空気清浄機は、空気中の胞子数を減少させるのに効果があります。

カビ胞子

ほとんどの家庭ではハウスダストの別の大きな構成要素は、皮膚またはフケです。ふけの大半は空気中を漂います。

皮膚の死骸/ふけ

有性生殖の構成要素である花粉とは異なり、カビ胞子は、すぐに表面に付着して成長し始めます。カビの胞子は、微小で3ミクロン程度であり、花粉よりもさらに小さなサイズです。良く覚えておきましょう。サイズはハウスクリーニングのポイントです。

呼吸器の粘膜をすりぬける

これ自体は健康の脅威とはなりません。しかし、皮膚はダニ類の食料です。大人の塵ダニは( 長さが約400ミクロン(典型的な人間の髪の毛は直径約90ミクロン)で肉眼では半透明かつよく見えません。ダニはクモのにちかい外見をもっています。

しかし、ダニは蜘蛛と大きく異なり噛んだり刺したりはし無い場合が多いです。実際にはそれ自体は比較的無害です。問題はダニが出す糞です。

イエダニ(ヤケヒョウヒダニ)

イエダニはサイズが1〜10ミクロンの範囲と非常に小さいです。彼らは、空気中の浮遊が容易になり、人間の呼吸器系フィルタリングをくぐり抜けます。アレルギー性​​疾患の患者にとって、これは深刻な問題になる可能性があります。ダニだけでなく、その糞を含む - - 「残骸」に見られるタンパク質は、非常に強力なアレルゲン物質です。敏感な人はチリダニを含んだダストを吸入すると、鼻水、気管支混雑、くしゃみ、さらには重度の喘息を含む呼吸器症状を引き起こします。

ダニの原因はペットである事も少なく有りません。ペットの衛生管理も必要です。合わせてペットがアレルギーの問題に関与していないかきちんと確認しましょう。
猫を飼う前に確認すべき5つのポイント

ダニを退治するには

ダニに対抗するための最も効果的な方法の一つは、あなたの家の乾燥を保つこと、そして殺虫剤で制御することができます。ダニは湿った暖かい環境で繁殖します。湿度が70〜 80%の間にあるときダニが特によく成長します。逆に、湿度が低下すると死滅する傾向にある。50パーセントの以下の湿度レベルを維持することによって低減することができます。

標準的な空気清浄機は、ダニのまきちらす塵にほとんど効果がないことに注意してください。古いモデルは、特に、濾過される前に空気を撹拌(かくはん)してしまい、広げているだけである事も注意して下さい。アレルギー専門医は、 HEPAフィルタによる掃除を薦めています。

枕は要注意

枕は呼吸と唾液からの水分により、チリダニの好みのたまり場です。あなたが洗濯機で洗える枕か専門のクリーニングが出せる状態で月ごとに少なくとも二回はお湯で洗うことをお勧めします。

アレルギー患者のためには、マットレスや枕のカバーにも配慮が必要です。

    このページの先頭へ